ベンダー
English

中国のB2B決済:無限の可能性

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2013/12/09

Abstract


2013年の企業間(B2B)電子商取引(eコマース)の総額は470億ドル(約4.8兆円)に達し、eコマース 全体の5.1%を占める見通しです。セレントの推計では、2015年にはeコマースの取引額は1.8兆ドル(約184兆円)、B2Bの取引額は1.4兆ドル(約143兆円)、B2Bのeコマース取引額は1,400億ドル(約14兆円)に達する見込みです。

B2B決済市場は競争が激しさを増しており、様々なプロバイダーが独自の戦略を展開しています。99Bill Corporationは自らを「電子金融サービスのプロバイダー」と位置づけ、 従来型の業界向けにミューチュアル・ファンドの運用管理ソリューションを提供する計画です。eBayの子会社でグローバル決済の巨人であるPayPalは、外資系企業として初めて中国で電子決済サービス業者の認可を取得する意向を示しています。Gopayは中国唯一の省庁およびその下部機関向けの国営決済業者で、安全な送金サービスを提供しています。一方、中国銀聯は自社の公開決済プラットフォームを通じて公共セクター向けの B2Bオンライン決済サービスを開始しました。最新レポート「中国のB2B決済」は新興分野ながら急成長を続けている同市場の規模、ビジネスモデル、戦略およびトレンドを明らかにしています。


「これらのB2B決済業者は引き続き、『クロスボーダー』決済、外為決済、外為取引のリスク管理、外資系業者との連携強化などに注力するでしょう」と、アジア金融サービスグループのアナリストフア・ジャンは述べています。

レポートでは中国のB2B決済市場の概要を示し、国内のB2B決済業者を紹介し、業界の成長可能性を予測しています。

注)米ドルから日本円への換算レートは、2013年11月30日の仲値(三菱東京UFJ銀行公表による)を参照。

中国語版 のレポートもあります。