保険会社向け「データマスタリー」 ソリューションの概要

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2004/03/09

Abstract


保険会社が高リターンを達成するうえで、「データマスタリー」(データ統一管理)は重要なポイントといえます。しかし、この分野には、極めて多数のベンダーが混在しているのが実状です。セレントの最新レポートは、実際にどのようなベンダーがどのようなソリューションを提供しているのかを保険会社向けにわかり易く解説した内容となっています。

データマスタリーとはセレントが定義した言葉で、データウェアハウジング、データ統合、ビジネス情報、レポーティング、CRMの一部分をすべて網羅するものです。セレントは、2003年6月発行のレポートでデータマスタリーについての概要を紹介しました。保険会社のCIOおよびCTOを対象に行なった最近の調査結果によると、データマスタリーはIT投資の重要分野であると同時にROI向上の主な原動力であることがわかっています。

データマスタリーに関連したソリューションを提供するベンダーは非常に多く、ベンダーごとの特徴もさまざまです。そのため保険会社が最適ベンダーの選出だけに数ヶ月を費やすというケースも少なくありません。セレントのレポートは、この分野を手がけるベンダーに対する保険会社の理解を深め、30余りの主なソリューションについてその機能、特徴、特性の概要を紹介する目的で書かれたものです。レポートでは各ソリューションの詳細を示す短いプロフィールを掲載し、個々の違いを比較・認識することのできる簡単な図表も作成しました。これによって、保険会社は、さまざまなベンダーの情報を速やかに理解・吸収することができ、個々のプロジェクトに最適と思われるベンダーを探し出すことが可能となるでしょう。

「保険業界ほど顧客、商品、業務データが豊富にありながら、そこから有用な情報を引き出す能力に乏しい業界は他にあまり見当たらないといえるでしょう」とセレント保険グループのマネージャーでこのレポートを書いたマシュ―・ジョセフォウィッツは述べています。「しかし、変化の兆しも見え始めています。業界では、業務の合理化、高収益事業/顧客への集中、引き受け実績の向上に改めて注力する動きがみられます。さらに、新法の施行により、保険会社の経営幹部には事業内容および顧客に関する極めて明確な理解が求められます。いずれもデータマスタリーが重要なカギを握る分野であり、これを推進するためのベンダーソリューションの導入は重要性を増しています。」

本レポートは4つのグラフと31のベンダープロフィールを含む47ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米