2015年 モデルバンク パート5:決済【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/03/23
ガレス・ロッジジルビナス・バレイシス

Abstract

(このレポートは2015年3月23日に"Celent Model Bank 2015, Part 5: Case Studies of Payments Innovation in Banking" というタイトルで英文で発表されましたが、抄訳版を2015年8月12日に発行しました。)
※ダウンロード: レポート(日本語)=抄訳版PDF、(英語)=原文レポートPDF

セレントのモデルバンク調査は8年目となりました。バンキングにおけるテクノロジーの有効活用に焦点を当て、ベストプラクティスを実践しているプロジェクトを調査し、次の3つの質問に対する答えを探索します。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 銀行のあらゆる業務プロセスを最新のテクノロジーで最適化したら、どうなるか?

2

銀行ITプロジェクトのベストプラクティスとその成果は?
3 受賞プロジェクトから何を学べるか?

パート5では、決済に関する革新的な4つのプロジェクトを紹介しています。

  • ANZ: 国際送金の変革
  • BBVA: BBVA Wallet
  • Citi: CitiConnect ERP Integrator
  • Union Bank of the Philippines: モバイルマネーのキャッシュマネジメント


銀行は、社内システムや顧客、社員、取引相手、規制当局を含む膨大な関係先との関わり方を変革することを求められています。これを実践することはもはや選択肢ではなく必須条件となり、金融機関にとって、今やイノベーションは不可避といえるでしょう。

「大部分の金融機関は、そのように考えてはいます。ただし、イノベーションは不可欠であると認識することと、実際にプロジェクトを打ち出すことは全く別の話です。決済業務はミッションクリティカルな分野であるだけに、同業界では以前から真実味を持って検討されてきました」とシニアアナリストでレポートを共同執筆したガレス・ロッジは述べています。

「今年の応募プロジェクトのテーマは、リテール決済から法人決済まで非常に多様性に富む内容でした」とシニアアナリストでレポートの共著者であるジルビナ・バレイシスはコメントしています。

2014年末 締切のモデルバンクへの応募の中から、イノベーションのレベル、難易度、ビジネス成果に基づきモデルバンクの受賞者を選定しました。受賞プロジェクトにつ いては、ケーススタディとして、ビジネスドライバー、テクノロジー環境、数量化した成功指標などを示しつつ紹介しています。また、レポートの最後にこれら のプロジェクトから得られた教訓を示しています。

本レポートは36p、4つのケーススタディを紹介し、5表、10図で構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米