取引コスト分析の進化:取引執行時の戦略に組み込む

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/04/20
デビッド・イーストホープ

Abstract


(このレポートは2010年4月20日に"Transaction Cost Analytics Stuck in Neutral: Accelerating At-Trade Adaptation"というタイトルで英文で発表しましたが、日本語版を2010年9月17日に発行しました。)

株式市場の構造的な変化に伴い、取引執行戦略を強化するツールへのニーズが高まっています。最先端を行くバイサイドは、取引執行時(at trade)にテクノロジーを導入することで執行コストを削減し、「執行コストは調査するがあとは何もしない」という悪い習慣から脱却できるとしています。

バイサイドの金融機関の間では初歩的な取引コスト分析(TCA)でさえまだ十分に浸透していない状況ですが、既にTCAを導入している金融機関では、執行内容を単に測定したり断続的に評価したりする方法から、執行時(at trade)に戦略を採用する方法へと移行しつつあります。そのためには取引前の分析を強化するだけでなく、取引時に執行内容をモニターする先進的な新システムの導入や、動的フィードバックループに基づく戦略への移行を進める必要があります。

セレントの最新レポート「取引コスト分析の進化:取引執行時の戦略に組み込む」によると、金融危機の発生や高頻度取引(HFT)の普及に伴いバイサイドの取引環境は変化しており、取引を執行するその時にリアルタイムに対応できなければ既存の執行戦略を維持・改善していくことはできないと論じています。特に、執行コストの削減と精査が厳しくなっているだけに、市場の構造的な変化に応じてバイサイドも進化せざるを得なくなっています。

こうしたニーズに応えるため、TCA専門ベンダーや大手取引ブローカーは様々なツールを提供しています。リアルタイムTCAを喧伝しながら実際にはデータ処理がスピードアップしただけのケースも中にはありますが、多くのブローカーは最新の取引手法の入力に必要な詳細情報を提供しています。最先端の業者はさらに、執行段階でパフォーマンスをモニターできる独自のツールを開発しています。また、トレーダーは、執行戦略のモニタリングや変更を自動で行うように設定できるようになっています。すなわちTCAには、執行内容を事後チェックするだけでなく、どの執行戦略/アルゴリズムが最も効率的であるかを事前予測する機能も含まれるようになっています。

「最先端のバイサイド金融機関がより効果的な執行戦略を策定できるよう、TCAの領域も拡大し続けています。TCAを導入している金融機関は、執行内容を単に測定したり断続的に評価したりするだけではなく、執行時(at the point of trade)にリアルタイムで戦略を実行するようになってきています」とセレント・キャピタルマーケットグループのシニアアナリストでレポートの共同執筆者であるデビット・イーストホープは述べています。

「執行時(at trade)の戦略を追求することにより、TCAは全体として進化するでしょう。中でも、特にアルゴリズム取引の即日中のパフォーマンス測定や執行戦略の変更予測といった特定の分野はこのトレンドを牽引する重要な役割を果たすでしょう」とセレント証券・投資グループのシニアバイスプレジデントでレポート共同執筆者のマイーズ・ハバルは指摘しています。

このレポートは11図と2表を含む40ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米