ベンダー
English

未来の債券テクノロジー

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2020/12/01

パート1:社債取引のデジタル化

Abstract

FicTechは債券テクノロジーの領域をものすごいスピードで改革しており、発行市場、トレーディングテクノロジー、取引所、ミドル&バックオフィスプロセスに対応するプレーヤーの数は増加している。FicTechは、取引先企業が、活動し、流動性資産を調達し、取引を行い、債券のニーズに対応するための新しい手段を提供することによって、従来手動で行われていたリレーションシップに焦点を当てたプロセスを根本的に改革している。

急速な変化と厳しい状況の中で、債券市場では、マッチングおよびその他の要素 (自動化、注文の最適化、見積書、見積依頼(RFQ)管理、取引ワークフロー、データなど) の両方において、取引所の重要性が増してきている。このような変化にもかかわらず、金融市場ではディーラーとクライアントのインタラクションが極めて重要であることに変わりはない。

シリーズ第1弾となる本レポートでは、クレジットを中心に債券プロセスの変化に焦点を当てていく。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

債券におけるテクノロジー、データ、取引所提供者のエコシステム

SOURCE: Celent