ベンダー
English

2014年 セレント・モデルインシュアラー:保険会社のテクノロジー有効利用に関するケーススタディ【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/04/04
カレン・モンクス

Abstract

(このレポートは2014年3月に"Celent Model Insurer 2014" というタイトルで英文で発表されましたが、抄訳版を2014年6月17日に発行しました。)

今年で8回目の発行となるセレントのモデルインシュアラー・レポートでは、16のテクノロジープロジェクトをケーススタディとして紹介し、その中から「モデル・インシュアラー・オブ・ザ・イヤー」を選出しました。

最新レポート「2014年 セレント・モデルインシュアラー:保険会社のテクノロジー有効利用に関するケーススタディ」では15の保険会社のテクノロジープロジェクトを「モデルインシュアラー」の最終候補者として認定し、①デジタル②レガシーシステム刷新③ベストプラクティスの実践④データ分析―のカテゴリー別に受賞者を選定しました。また、「モデルインシュアラー・オブ・ザ・イヤー」にはメットライフが選出されました。

ケーススタディは、保険契約管理、IT管理、保険金請求、販売といった保険分野におけるテクノロジー利用のベストプラクティスを示すものです。レポートでは、選定基準となったITに関するベストプラクティスや業務実績の数値についても検証しています。

「今年は新たに、現在注目のテーマに沿って評価しました。各社ともデジタル、分析、イノベーション、レガシーシステムの刷新といったテーマに基づくITプロジェクトを立ち上げ、絶えず競争力向上を目指しています。こうしたプロジェクトでは、ベストプラクティスを実践・評価することが成功につながります」とセレント保険グループのアナリストでレポートを執筆したカレン・モンクス は述べています。

2013年を通じて募った数多くの応募の中から、セレント保険チームがビジネス成果に基づいて選定しました。レポートでは最終候補に残った保険会社15社とモデルインシュアラー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた1社のケーススタディを紹介し、ビジネスドライバー、テクノロジー環境、定量的な成功指標についても解説しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米