消費者カード決済の将来像

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/11/03

Abstract


セレントは、カード業界のクレジット/デビット/プリペイドの各カードのトレンドと実績を検証しました。

P1950年代に初めて登場して以来、決済カードは大幅な進歩を遂げてきました。米国では、クレジットカードはもはやエリートだけが持つ特別なものではなく、一般的国民のコモディティ商品となっています。一方、デビットカードはATMでの現金引き出し用カードから身近な商店での日常的な買い物にも使えるカードへと進化し、プリペイドカードは非効率なペーパーベースシステムの近代化を推進し続けています。

アリアナ・ミシェル・ムーアが執筆したセレントの最新レポート「消費者カード決済の将来像」 は、こうしたカードの進化の過程とそれらが米国の決済産業に与えた影響を詳しく解説しています。カードは一般消費者の購買手段をより便利で簡単に変えただけでなく、米国の消費者をペーパーベースの経済から電子経済へと導く役割も果たしたといえるでしょう。今日、消費者はカードを現金や小切手と同等の決済手段として利用しており、現金や小切手による支払いはむしろ減少傾向にあります。

「カード利用の増加と並行して、消費者の購入行動にも変化が起きています。もはやカードの利用は高額品の購入や緊急の買い物に限定されることなく、様々な支払いの場で用いられるケースが増えています」とセレント銀行プラクティスのマネジャーであるアレンカ・グリリッシュは述べています。例えば、非日用品、贅沢品その他の高額商品、贈答品、公共料金、食料品、日用品などの支払いに使われています。また、店頭で使われるだけでなく、請求書の決済、寄付、給与の受け取り、送金などにも利用されています。

本レポートは、カードの将来についての展望を示すとともに、カード発行会社が直面する主な課題やそれを克服するための戦略についても考察しています。

本レポートは14図と3表を含む全40ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米