非構造化文書のバリューを解き放つ: 保険業界のユースケース

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/02/09
マックス・アン

Key research questions

  • 保険会社によるコンピュータービジョン・マシンラーニング・メソッド利用の一般的なユースケースとは?
  • コンピュータービジョンの利用における主な専門用語とは?
  • AIによるイノベーションの今後の優先事項とは?

Abstract

本レポートでは、保険会社におけるコンピュータービジョンと光学式文字認識 (OCR, Optical Character Recognition) のユースケースと、ベンダーが開発した製品について解説している。更に、AIによる予測およびテクノロジーの変革について考察し、OCRエンジンを動作させるコンピュータービジョン・テクノロジーについて記述している。最後に、マシンラーニング・アプリケーションの利用を成功させる方法を推奨している。OCRエンジンを既存プロセスに組み入れる場合に採用すべきワークフローについても解説している。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米