保険会社のエンタープライズ・アーキテクトに課せられた難題

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/06/04
クレイグ・ビーティ

Abstract


保険会社のシステム構造が複雑化するなか、エンタープライズ・アーキテクトが果たすべき役割は共通になりつつあります。セレントの最新レポートは、多くの保険会社のエンタープライズ・アーキテクトが現在直面している5つの課題について論じています。

本レポートで取り上げた5つの課題とは、①IT投資の奨励②レガシーの最大限の活用③サポートプラットフォームの最適化④最新のデータセンターモデルの利用?生産性を大きく左右するテクノロジーの育成―です。

出典:セレント

「保険会社のエンタープライズ・アーキテクトは、保険会社が抱えている問題だけでなく、それらを解決するテクノロジーについても専門知識を持つことが期待されています」とセレント保険グループのアナリストでレポートを執筆したクレイグ・ビーティーは述べています。

本レポートで取り上げた5つの課題とは、①IT投資の奨励②レガシーの最大限の活用③サポートプラットフォームの最適化④最新のデータセンターモデルの利用⑤生産性を大きく左右するテクノロジーの育成―です。

レポートでは5つの課題を個別に論じていますが、これらの解決に向けたアプローチが相互に関連していることは明らかです。テクノロジーの有効活用と戦略的目標の達成を実現するためには、システム変更の管理、既存システムの活用、新しいサービスおよびテクノロジーの導入に一貫して取り組むアプローチが不可欠といえるでしょう。

このレポートは8図を含む34ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米