個人向け自動車保険とオンライン利用顧客

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2005/12/28
クレイグ・ウェバー

Abstract


オンラインによる保険料見積もり、保険商品の購入、サービスツールに向けられる消費者の意識は高まっていますが、保険会社側は必ずしもそれに対応しきれていないようです。


消費者は保険料の見積もりや保険商品の購入にインターネットを利用する傾向にあり、個人向け自動車保険などのコモディティ商品では特にそうした動きが顕著です。しかし、保険会社サイドはオンライン商品の重要性の高まりに驚いているようです。

セレントのシニアアナリストで最新レポート個人向け自動車保険とオンライン利用顧客:重要課題への対処方法を執筆したクレイグ・ウェーバーは、「オンラインサービスはもはや単なる新奇サービスではありません。オンラインによる確かな保険料見積もり機能と優れたセルフサービスツールを提供できない保険会社は、他社に顧客を奪われることになるでしょう」と述べています。

1: 保険商品の購入方法

レポートによると、セレントが調査対象とした消費者のうち15%は直近の保険商品購入をオンラインで行っています(図1)。ウェーバーは、「伝統的チャネルによる販売も依然好調です。しかし、オンライン販売は今や電話販売と肩を並べており、あらゆる兆候がさらに成長を続けることを示しています」と述べています。

また、ほとんどの消費者が保険商品の購入にあたり、主にインターネット上で複数の保険会社から保険料見積もりを入手しています。「代理店で商品を購入する場合でも、多くの消費者が事前にインターネットでリサーチしています。このことからも、保険会社はオンライン機能の充実に本格的に取り組む必要があります」とウェーバーは付け加えています。

レポートで論じている主な内容は以下の通りです。

  • 個人向け自動車保険のリサーチ・購入に求められる方法
  • 消費者による保険会社の主な選別要因
  • 消費者のロイヤルティーの保険会社による相違
  • 自動車保険の支払い/サービスを巡る人口統計変数(性別、年齢、収入など)別の消費者動向
  • 個人向け自動車保険トップ10社のオンライン見積もり/購入ツールの比較


本レポートは、セレントが2005年8月に実施した消費者調査に基づいています。

本レポートは全42ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米