ベンダー
English

将来の用途に耐えるシステム:保険料率算出ソリューション選択の際の検討事項

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/10/14
マイク・フィッツジェラルド

Abstract


保険料率算出ソリューションを選ぶ際、独立したタイプか、スイートに組み込まれたタイプのいずれを選ぶかの答えは、単純な公式や計算から引き出せるものではありません。事業環境の複雑さ、システムの技術的アーキテクチャ、競争による圧力なども考慮しなければなりません。

セレントの最新レポート「将来の用途に耐えるシステム:保険料率算出ソリューション選択の際の検討事項」は、独立型と組み込み型のどちらを選ぶかを決定する際に、保険会社が比較検討しなければならない要因について考察しています。今日のニーズのみならず、予見できる将来のニーズをも満たせるような、より適切な選択に企業を導くことが本レポートの目的です。

本レポートは、保険料率算出システムのプラットフォームを選ぶ際にどのような要因を考慮すべきかについて、セレントの考えを示したものです。また、米国市場の独立型保険料率算出システムのベンダーを分析した2009年8月発行のレポート、「2009年 米国の損害保険料率算出システム:ABCDベンダービュー」の続編にあたります。

「保険料率算出エンジンは、ごく単純な計算のみを行うものから、保険商品を取り巻く環境のロジカル・ハブとしての役割を持つものまで、機能が多種多様です。保険料率算出ソリューションを選ぶにあたっては、ビジネス上の要因とIT上の問題に基づいて決定を下すべきでしょう」とセレント保険グループのシニアアナリストで本レポートの執筆者であるマイク・フィッツジェラルドは述べています。


出典:セレント

本レポートは2図および5表を含む18ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
北米