決済におけるQRコードの役割について再考する

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/09/28
ジルビナス・バレイシス

QRコードが回復力を維持し続けている理由

Abstract

長い間モバイル決済を追い続けてきた多くの人々は、QRコードは恐らく「つなぎのテクノロジー」として、短期的にしか使用されないと考えていた。簡単に言えば、近距離無線通信(NFC)ベースのソリューションは、優れた非接触型の「タップ・アンド・ゴー」の支払い体験を提供する。

しかし、QRコードは非常に回復力があることが証明された。多くの発展途上国の市場では、QRコードがモバイル決済の大半を占めている。先進国市場でも、QRコードを使って支払いをしたり、加盟店やサービスプロバイダーとやりとりする選択肢が増えている。パンデミック後の世界で消費者が非接触型の支払いやショッピング体験を求める中、QRコードはその解決策となることができるだろうか?

本レポートで考察していることは以下の通り。

  • 急速に成長している市場(中国、インドなど)で、QRコードはいかにしてリテール決済の大半を占めるようになったか?
  • 先進国(米国、英国、欧州の国々など) におけるQRコードの採用
  • 銀行、テクノロジー・プロバイダー、その他決済企業にとってのビジネスチャンス

本レポートで言及された金融機関は以下の通り。

Intesa Sanpaolo, KBZ Bank, Paytm Payments Bank, Unicredit

本レポートで言及されたテクノロジー企業、ソリューション、団体、規制当局は以下の通り。

Accel Robotics, American Express, Alipay, Amazon Go, Apple, Bharat QR, Bancomat Pay, Bancontact, Blik, Bluecode, BPC Banking Technologies, ePassi, European Mobile Payment Systems Association (EMPSA), European Payments Initiative, EMVCo, FIS, Fiserv’s Clover, Google, IMPS/ UPI, JCB, MagicCube, Mastercard, Mobeewave, Mobile Pay, momo Pocket, The Monetary Authority of Singapore, MB Way, Pagaqui, PayPal, People's Bank of China, Pivo, Plick, Reserve Bank of India, RuPay, Samsung, Square, Swish, Twint, UnionPay’s QuickPass, Vipps, Visa, WeChat Pay.

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 北米