中国におけるリテールペイメント市場:モバイルペイメントと拡大する決済エコシステム

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/05/14
フア・ジャン

Mobile Payments and a Developing Payments Ecosystem

Abstract


中国のeコマース(電子商取引)市場は2015年には5,500億米ドル相当に達し、2020年には小売売上高全体の50%を占めるまでに拡大し、その頃には、サードパーティのサイト上での決済やモバイル決済がクレジットカードや現金による決済を上回っているでしょう。

今やリテールペイメントは単なる資金の振替にとどまりません。電子メール、ソーシャルネットワーク、マネーマーケットファンド、業界個別の決済(映画のチケット購入とレストランの支払いでは決済方法が全く異なる)、モバイルペイメント、クレジット、位置情報、O2O(online to online)の提携先企業の管理などを含むエコシステムの構築が欠かせなくなっています。

セレントの最新レポート「中国におけるリテールペイメント市場:モバイルペイメントと拡大する決済エコシステム」は同国のリテールペイメント市場の規模、トレンド、規制、ベンダーの戦略、競争状況を明らかにしています。

「商業銀行がこれまで享受してきた恩恵の多くは徐々に失われていくとみられますが、基本的な優位は変わらないでしょう。それでも、銀行が時代の変化にうまく適合できなければ、預金口座を持つだけの存在として取り残され、広告宣伝、クレジット、金融サービスといった収益性の高いビジネスを他に奪われることになりかねません」と、セレントのアジア金融サービスグループのアナリストでレポートを執筆したフア・ジャン は述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア