保険会社のサイバー脅威との闘い: 長期戦に備える

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/02/08
ニコラス・ミシェロッドカレン・モンクス

Abstract

ここ数年で急激に増大したサイバー攻撃の量と規模は、昨年在宅勤務モデルを活用する企業が増加したことにより、更に増大している。保険会社はサイバーの脅威を免れることはできず、防御システムを改善する必要がある。

サイバーの脅威に晒されるデジタルサービス環境では、強固なセキュリティが不可欠である。保険会社のインシュアテックとの提携、サードパーティ・データ・プロバイダーからのデータ入手、デジタルの取り組みをサポートするクラウドの活用により、セキュリティの課題は更に増大する。シームレスな顧客体験を提供するために、社内のデータやアプリケーションには必ず安全対策を組み込まなければならない。

複雑なデジタルサービスの構造

本レポートでは、保険会社のサイバー攻撃に関する最近の実例に関するインサイトと、保険会社の内部業務を保護するためのCIOの計画について記述している。テクノロジーの役割とその進化がどのようにして新たな脆弱性を生み出してきたのかについて解説し、保険会社によるリスクシナリオの定義・定量化の方法についての見解や、適切なアクションプランの策定や社内組織化のための推奨事項を提供している。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米