中南米における大手・中規模保険会社のITトレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/12/17
ルイス・チパナ

Abstract


中南米において、保険会社が抱えるIT関連 のプレッシャー、プライオリティおよびプラクティスは各会社の規模によって異なります。同じ市場、同じ規制下であっても、大手・中規模の保険会社独特の企業カルチャーや能力に合わせた戦略や方策を導入する必要があります 。

セレントは この事実を念頭に置きつつ、中南米地域でビジネスを展開する大手・中堅保険会社のCIOから収集した情報を検証し、結果をまとめました。

保険会社が基幹システムのアップグレード及び入れ替えを検討する目的は様々ですが、共通項として新製品の開発期間短縮、業務プロセスの合理化及び効率化、システムのコンフィギュアビリティ及びフレキシビリティの向上、長期メンテナンス費用の削減等が挙げられます。大半の保険会社では、基幹システムをこれまでのレガシーシステムから最先端システムへと移行していますが、保険契約管理システムの機能を拡充し、サービス・オリエンティド・アーキテクチャ(SOA)を採用して効率性と柔軟性の向上を追及している会社もあります。

「大手及び中堅の保険会社が投資し、投資を検討している主要3分野は、①デジタル化 ②テクノロジーを活用したイノベーション ③基幹システムのリプレース・刷新となっています。本レポートを、ITトレンドの今と将来的な方向性を把握する手段として役立てていただければ幸いです」とセレント保険グループのアナリストでレポートを執筆者したルイス・チパナは述べています。






Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
南米