ベンダー
English

先行きが不透明な時代におけるビジネス分析と対応速度の加速:次世代の定量的データサイエンスが提供するものとは?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/04/27
キュビラス・ディン

次世代の新興データサイエンス機能の分析

Key research questions

  • 既存のデータアナリティクスやBIソリューションが、現在のパンデミックシナリオ下で十分機能しないかもしれない理由とは?
  • 定量的データサイエンスを有効に生かせる金融機関のユースケースとは?
  • ソリューションによる違いは何か、金融機関は何を追求すべきか?

Abstract

現下のパンデミックがもたらす課題の緊急性と大きさを考えると、金融機関にとって最も対応が難しい点は、多面的な局面、シナリオ、緻密な要因が絡み合うなかで事業対応戦略の計画、モデル化および構築プロセスを容易にコンパートメント化できないことだろう。さらに「第1波」のロックダウン、制限緩和および感染抑制局面が終わっても、テレワークやデジタルでのやり取りは今後も続く見通しとなっている。こうした「ニューノーマル」は、金融機関が事業計画やインサイト・ジェネレーションの過程で活用するデータセットが一段と巨大化・多様化することを意味する。

この点から、クオンテック、データサイエンスとここ数年新興しているテクノロジーのエコシステムの融合は、今の時代にこそ求められていると考えられよう。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
キャピタルマーケッツ, リスク&コンプライアンス, フィナンシャルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米