ベンダー
English

ドイツのリテール投資市場

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/03/20

Abstract


世界の他の国々との比較すると、ドイツにおける株式投資ブームはいまだ初期段階にあります。しかし、資本市場に対する個人投資家の存在感は強まってきています。

セレントの最新レポート「ドイツのリテール投資市場」はドイツの個人向け投資市場の過去および将来の成長性、市場機会のレベル、最近の競争環境などを検証し、同市場の概要を明らかにしています。

ドイツのリテール投資市場では、現在個人投資の基本的な変化が進行しつつあります。従来、個人投資家の金融資産の大部分は現金および預金が占めていましたが、最近はより高リスクで高度なポートフォリオを選好する投資家が増えています。国の年金制度が縮小されたこともあって、ミューチュアル・ファンドの市場が大幅に拡大しています。こうした投資トレンドと平行して、上場投資信託(ETF)や証券市場が飛躍的な発展を遂げています。

出典:ドイツ連邦銀行、セレント

オンライン取引に関する主要トレンドの1つとして、総合的なサービスの提供をめぐる競争が挙げられます。主要プレイヤーの間では、助言サービスや銀行、保険、モーゲージに関する追加的なサービスを提供することで、従来の証券業務を補完する傾向がみられます。また、実際の店舗開設を制限する証券会社も見受けられます。

「ドイツのリテール取引市場は非常に集中化が進んでいます。新規プレイヤーが参入可能なニッチ市場も残っていますが、それらの市場を支配するための競争は熾烈となるでしょう。より高いリスクをとる傾向が高まりつつあり、個人投資家は証券やETFを貪欲に購入しています。 ドイツ人は革新的な金融商品への投資に消極的であるという通説が揺らいでいます」と、レポートの共同執筆者で証券プラクティスのアナリストであるイザベル・シャウエルテは述べています。

本レポートは22図と6表を含む30ページで構成されています。