ネットワークの変化は保険会社を変化させる

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2007/12/27
ドナルド・ライト

Abstract


セレントは、ネットワーク・テクノロジーの開発が保険会社の業務にどのような影響を及ぼすかについて検証しました。

最新レポート「ネットワークの変化は保険会社を変化させる」は、ネットワークがいかに変化しているか、また賢明な保険会社がその変化をいかに自社の優位に結びつけているかを分析しています。ネットワークの変化は、コミュニケーション集約型テクノロジーの変化と相互に補強し合う関係にあり、新たなネットワークに対応可能なテクノロジーを生み出しています。ネットワークとそれに対応するテクノロジーの変化は、保険会社の業務処理に4つの大きな変化をもたらしています。具体的には、①相互作用が増えた②各部門の担当社員が行う意思決定の数は減ったが、その重要性が増した③入手可能な情報が増えた④生産性と効率性の関係が変わった―の4点です。

「ネットワークは変化し続けています。多くの人や様々なタイプのデバイスがネットワークに接続し、多様なコンテンツを送受信し、アクセスが容易で広域な帯域幅を利用するようになってきています」とシニアアナリストでレポートを執筆したドナルド・ライトは述べています。

本レポートは今日のネットワーク・テクノロジーが保険会社に及ぼす影響を起点として、向こう3~5年に予測されるネットワーク・テクノロジーの変化が保険会社の業務方針やその手法にどのような変化をもたらすか考察しています。また、各保険会社の競争力の位置付けや保険業界全体が果たす経済的・社会的役割にどのような影響を及ぼすかについても論じています。

本レポートは2図と3表を含む22ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米