英国自動車保険市場における人身傷害保険金請求

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/04/12
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


車の安全装置の進歩、道路の改良、最近の交通事故の減少にもかかわらず、保険会社に対する人身傷害保険金請求額は2001年以降42%も増加しています。

人身傷害保険金請求額は保険金請求額全体の約50%に跳ね上がっており、政府も手をこまねいていた訳ではありません。セレントの最新レポート「英国自動車保険市場における人身傷害保険金請求」は英国の自動車保険市場の最新動向とLord Jackson review(全ての当事者にとって保険金請求制度の公正性と透明性を向上させるため、広範かつ大幅な規制変更を審議)が及ぼす影響について論じています。政府は先月、成功報酬の廃止を含む複数の提案を承認しました。

レポートでは、保険会社の社内査定人のほか、場合によっては法務部門や販売員も利用する人身傷害保険金請求査定ソリューションの役割についても考察しています。これらのソリューションの備える機能としては次のようなものがあります。①事故の状況から判断して、報告された傷害が信頼できるか否かを提示。②どの程度の治療・リハビリが適切かを判断。③過失相殺の評価。④通常損害(痛みや苦しみ)の適応範囲。④傷害を受けた第三者とその法定代理人との交渉をサポート。


出典:セレント

「保険会社がこうした査定ツールを利用する主な理由に挙げているのは、人身傷害保険金請求に関する通常損害賠償額の査定基準を統一化することにあります」とセレント保険グループのシニアバイスプレジデントでレポートを執筆したキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

本レポートは、英国自動車保険市場の最新動向と収益性をめぐる根本的な課題を明らかにしています。また、Lord Jackson reviewの重要ポイントを説明し、人身傷害保険金請求査定ツールの役割について検証・分析しています。

このレポートは3図3表を含む18ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ