ベンダー
English

コーポレートバンキングデータによるバリューの獲得:データ戦略管理のための推奨事項

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2022/09/12

Abstract

コーポレートバンキングデータは、アナリティクスやインサイトを可能にするだけでなく、新しい商品やサービスのイノベーションの基盤であり、オープンバンキングおよびオープンファイナンスへの移行につながるものである。データのバリュープロポジションは、ビジネスとソリューションの戦略に徐々に統合されている。銀行は、バリュープロポジションと優先的なビルディング・ブロック (文化面、ビジネス面、技術的面) に関する取り決めとを一致させ、希望するすべての機能の実現に向けて実行可能なロードマップを作成する必要がある。データは保護すべき資産であると同時に、企業の価値と成長のために活用すべき資産でもある。これがコーポレートバンキングデータのパラドックスである。

しかし、多くの相容れないビジョンや優先事項があることから、バリューの大胆な変革への道筋は往々にして不透明である。銀行は5つの行動と技術を駆使することで、ビジネスにおけるデータ戦略を成功に導き、明確なビジョンを設定すると同時に、このバリューの解放を妨げている障害を克服することができる。本レポートは全2回シリーズの第2弾である。関連レポート膨大なデータ:コーポレートバンキングのデータトランスフォーメーションにおけるリスクおよびデータ戦略の策定・実施における課題を認識する」 (2022年8月) も併せて参照されたい。