米国オンラインペイメントサービス市場分析

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2004/02/11

Abstract


米国におけるオンライン支払いサービス業界の2003年の総売上高は80億ドルでしたが、2005年にはこれが125億ドルに増加するとセレントは予測しています。

セレントの最新レポートは、オンライン支払いサービス市場の主要参加者と市場動向を左右する主な要因について分析しています。このレポートは業界の経営者100人に対するインタビューに基づいて書かれたもので、米国の支払いサービス業界でも急成長分野の1つであるオンライン支払いサービスについてあらゆる角度から検証しています。

本レポートの主な分析結果の1つは、先進支払いサービスを提供するプロバイダーは2003年から2005年にかけて年平均成長率55%という業界でも最高の増収率を達成する見込みであるということです。さらにレポートでは、小切手承認などの支払いサービスを手がけるプロバイダーにとって今後大きなビジネス機会が期待できると予測する一方、少額決済を手がけるベンチャー業者などの先行きは厳しいことを指摘しています。e-コマース市場全体に占める電子小切手の比率は2000年には3%、2003年は6%でしたが、2005年には9%まで上昇するとセレントは予測しています。

「現在、少額決済などいくつかの分野に対しては、実際のビジネス機会の大きさからみれば過剰といえるほどの関心が集まっています」とセレントのシニアアナリストで本レポートの著者であるグウェン・べザーは述べています。

また、べザーは、e-コマース市場に占める電子小切手のシェアが拡大していることについて、「小切手の承認サービスはイメージとしてそう魅力があるとはいえませんが、成長余地はたしかにある分野の1つであるといえるでしょう」とコメントしています。

本レポートは31の図表を含む43ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米