銀行の文書管理: その概要とソリューションの分布

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/11/10

Abstract


セレントは、銀行の文書管理に関する課題を分析し、30社に及ぶベンダーを分類しました。

銀行業は、基本的に情報に基づくビジネスです。しかし、データの管理・伝達が電子的に行われているにもかかわらず、様々なビジネスプロセスにおける銀行内や銀行同士、銀行と顧客およびその他の第三者とのコミュニケーションの大部分はいまだペーパーベースで行われています。セレントは最新レポート「銀行の文書管理:その概要とソリューションの分布」で銀行業における文書集約型ビジネスプロセスの主要課題を分析し、文書管理の様々な側面で金融機関に与えられたテクノロジーの選択肢の概要を示しています。

「銀行にとって、文書管理の効率化は全行規模および部門単位の両面で求められています。貸出や口座開設といった主要プロセスの合理化、顧客関係性の質の向上、全行規模におけるコンプライアンス要件の全うなど、文書管理ソリューションを必要とする理由は異なっても、金融機関が最適に機能するために必要不可欠な存在となっていることに変わりはありません」と、レポートの執筆者でシニアアナリストのマダビ・マンサは述べています。

レポートでは銀行業における文書の役割について考察し、特に主要プロセスの変革、チャネル/商品を越えた意思決定および顧客サービスの改善、組織内の情報拡散に規制リスクの管理といったニーズに焦点を当てています。また、文書作成/処理の典型的なソリューションコンポーネントを取り上げ、文書管理テクノロジーの概要を示しています。さらに、各ベンダーの特徴を簡単に紹介するほか、ベンダーの顧客基盤やテクノロジープラットフォームの比較表も掲載しており、市場に投入されている主なソリューションの大部分を網羅した情報基盤を提供しています。

セレントは、金融機関が文書集約型ビジネスプロセスを管理するためのソリューションを検討する際に留意すべき重要指針として、以下の点を提言しています。

  • 文書形式(ペーパーまたは電子ファイル)ではなく対象となる情報に重点を置く

  • 既存資産を活用する

  • 統合をサポートするオープン・アーキテクチャを追及する

  • 使いやすさと柔軟性を重視する

本レポートは5図と7表を含む全35ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米