ベンダー
English

テクノロジーによるリスク管理の改善:ソルベンシーIIの最新情報

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/01/25

Abstract


ソルベンシーIIは最近、内容に変更が加えられ、批判も多くありますが、その導入に向けての努力は着々と続けられています。QIS4(Quantitative Impact Study 4:第4次定量的影響度調査)では欧州保険会社の参加が増えており、各企業ともソルベンシーIIに対する関心を高め、資本要件にどの程度の影響が出るかを把握したいと考えていることがうかがえます。

セレントの最新レポート「テクノロジーによるリスク管理の改善:ソルベンシーIIの最新情報」では、ソルベンシーIIの導入に関する最近動向、QIS4の結果および分析、効率的なリスク管理フレームワークの構築方法について考察し、ソルベンシーIIをより深く理解したいと考えるITベンダーや保険会社に重要な情報を提供します。

出典:セレント

「ソルベンシーIIは組織内のさまざまな部門を横断する形で影響が及ぶため、複雑に感じられます。かなり準備の進んだ保険会社でも、ITインフラストラクチャーを整備し、リスク管理、データ統合、レポーティングの機能向上に投資することが必要になるでしょう」とセレント保険グループのシニアアナリストで本レポートを執筆したニコラス・ミシェロッドは述べています。

レポートでは、ソルベンシーIIの主な要素を評価した後、一連の新規制について最新情報をまとめ、QIS4の結果に照らし合わせながら、保険会社にどの程度の準備が求められるかを明らかにしました。また、リスク管理戦略、ガバナンス、内部統制について詳述するとともに、リスク選好や是正措置を分析し、保険会社向けリスク管理フレームワークの構築に関してセレントの見解を示しました。さらに、保険会社が考慮すべきIT関連の主要な問題点を挙げ、データソース、データモデル、リスク管理、ビジネス分析、統合との関係に注目しながらテクノロジーについて検討しています。

このレポートは8図と2表を含む26ページで構成されています。