ベンダー
English

膨大なデータ:バンキングにおけるデータレイク

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/06/15
ジョアン・マッゴーワンとザオ・ウーとクレイグ・ビーティニコラス・ミシェロッド

データレイクはCIOの議題によく上がる。銀行はより卓越したインサイトを提供するために、幅広い種類のデータからインサイトを導き出すメリットを再検討している。

Key research questions

  • 銀行がデータレイクを必要とする理由とは?
  • データレイクの潜在用途とは?
  • データレイクを始めるにあたって銀行が考慮すべきこととは?

Abstract

銀行は商品やサービスのデジタル化を進めるにつれ、資産としてのデータの増大する潜在的価値に触れる。

しかしその潜在的価値を掘り起こすために、銀行はデータ管理プラットフォームを最新化し、アナリティクス主導のAIのようなイネーブリングテクノロジーの層を形成することができるようにしなければならない。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米