ベンダー
English

損害保険基幹システム置換プロジェクトを成功させるために:留意事項と新戦略【全訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/12/21

Abstract

(このレポートは2012年12月21日に"Ensuring Success in Core Systems Replacement: Operational Considerations and Emerging Strategies"というタイトルで英文で発表されましたが、和訳版を2013年6月18日に発行しました。)

損害保険会社の65%は、レガシーシステムの更新にチャレンジするよりも、基幹システム全体のリプレースを選択する、と答えています。全体をリプレースする方が容易なアプローチと考えられ、既存システムのラッピングやアップグレードという選択肢は次善の策と考えられているようです。

セレントの最新レポート「損害基幹システム置換プロジェクトを成功させるために:留意事項と新戦略」は、損害保険会社141社から入手したデータを分析し、前年の調査結果と比較しています。

本レポートは、保険業界におけるレガシーシステムの刷新をテーマとするレポートシリーズの1つです。同時にIT環境の現状、将来の計画、刷新計画、パートナーの役割に関するフィードバックをまとめたレポート「損害保険業界における基幹システム置換プロジェクトの進捗状況:グローバル編」を発行しました。

本レポートでは、レガシーシステムの刷新をめぐる現時点の戦略とゴールを明らかにし、査定、データ変換、ソーシング戦略といった機能をビジネス部門がどこまで引き継ぐことができるか検証しています。また、システム移行プロジェクトを確実に成功させるために必要な10のポイントを詳しく説明しています。

「基幹システムの置換を成功に導くカギとなるのは、技術というよりむしろ技能といえるでしょう。この先数年間は、システムの刷新プロジェクトを遂行する保険会社が増えるとみられます。これらを成功させるためには、より強いリーダーシップ、優れたコミュニケーション、緊密なパートナーシップが不可欠です」と、セレント保険グループのシニアバイスプレジデントでレポートを執筆した キャサリン・スタッグ-マーシーは述べています。

今回のレポートは、システム変革プロジェクトを計画している、あるいは実行中の保険会社にとって参考となる情報を提供しています。レポートに掲載したデータを、自社の掲げるシステム置換の目標や戦略を点検または検証に使うことも可能です。またシステム導入後に業務部門が担うべき保守・管理の責務がどの分野で増えるかを把握するための明確な指標を示しています。プロジェクトの成功要因を取り上げた章は、プロジェクトチームへのよい刺激となるでしょうし、こうしたプロジェクトの規模や複雑さに慣れていない経営幹部の意識喚起を促す資料としても有効でしょう。

本レポートは23p、8図と2表で構成されています。