ベンダー
English

押し寄せる膨大なデータ:保険データトランスフォーメーションにおけるリスクを認識する

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2022/09/12

データ戦略の策定および実行における課題

Abstract

保険会社が利用可能なデータの性質は変化している。データエコシステムの拡大に伴い、大手保険会社は従来のトランザクションデータセット以外にも目を向けるようになっている。これらの新しいデータバリューチェーンは、従来の保険契約データと、行動/ 関係データや社会経済データを結びつけたものである。データ機能が成熟するにつれ、大手保険会社は、まったく新しいデータソース、データタイプ、データプロバイダーにまでバリューチェーンを拡張している。

包括的なLOBデータ戦略を策定して実行するのは困難である。データが保険の基盤にあれば、業務の遂行、規制当局への報告書の作成、インサイトの取得、新しいソリューションの構築に同じデータ資産を使用できる。この資産は、管理・構造化される必要があるが、同時にアクセス可能で柔軟性を有する必要もある。同じデータ資産でもそれぞれ異なったデータの視点、ニーズ、優先度、を認識することが、データロードマップを作成する第一歩である。残念なことに、これらの戦略ドライバーは互いに競合することから、保険会社による効果的なデータバリュープログラムの提供は遅れる可能性がある。それぞれの特性を単独で評価したり、他のニーズを無視して策定すると、データ戦略の実行が上手く行かなくなる。

オリバー・ワイマンとセレントによるリサーチは、成長戦略遂行の成功を妨げる7つの重要な要因を特定した。これらの中には専門的な要因もあるが、ほとんどは企業の組織的、文化的な課題とテクノロジーに起因している。これらの要因は下図に要約される。

膨大なデータが利用可能になったことで、保険会社は、拡大する自社のデータ資産やアクセス可能なデータ資産を活用する重要な機会を得ている。しかし、多くの生命保険会社はデータへの投資が歴史的に欠如していることから、こうした変革の実現に向けた道筋に障害が発生し、行く手が阻まれることが予想される。

保険会社がビジネスデータ戦略を策定する際には、リスクを理解し、進捗を妨げる可能性がある課題に対処する必要がある。