リスクとコンプライアンスにおけるパブリック・クラウドの採用

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/10/01
ニール・カタコフスティーヴン・グリーアクレイグ・フォカルディ

CIOと主要ステークホルダーが検討すべき7つの重要事項

Abstract

金融機関や規制当局は、従来からリスクおよびコンプライアンス業務における、データ保護、プライバシー、セキュリティの問題に敏感である。そのため、企業はリスク管理技術をクラウドに展開することに慎重であった。しかし、クラウドはスケーラブルで柔軟性のある次世代テクノロジーを低コストでサポートできるため、多くの企業が最も困難なリスクおよびコンプライアンスの課題を解決するためにクラウドを利用するようになっている。リスク管理におけるregtechと次世代テクノロジーの重要性が増していることから、クラウド移行の傾向は今後も続くことが予想される。

このように進展している戦略的移行に対応するため、セレントはCIO、CISO、CRO、ビジネス・ステークホルダーが検討すべき7つの重要事項を明らかにした。これらの検討事項は、「セキュリティ、リスク、コンプライアンス」、「エコシステム管理」、「現在の運用と戦略計画」の3つのカテゴリーに分類される。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米