ベンダー
English

資産運用ベンダーは多すぎないか?:マイケル・ポーターのモデルに基づく分析

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/11/30
ジェイ・ウォルステンホルム

Is the Market Big Enough for All?

Abstract


世界には総額100兆ドルに上る投資可能資産があり、それらを運用管理することに加え、それを支えるシステムとビジネスサービスが求められています。この市場には、既存プロバイダーのみならず新規参入組がこぞって進出していますが、果たしてシェア獲得の余地は残っているのでしょうか。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 マイケル・ポーターが提唱する「Competitive Factor Model」をバイサイドのベンダー市場に適用すると?

2

ベンダーの競争力を評価するにあたり、バイサイドとアセットマネジャーのワークフローをどのように分類すればよいか?
3 ポーターのモデルに基づくと、バイサイドのベンダーに影響を及ぼす競争上の要因とは?


バイサイドのベンダーは縦割り構造の商品ラインを拡充し、アセットマネジャー、カストディアン、ファンドアドミニストレータ、ヘッジファンドを対象に、フロントからバックオフィスに至るアプリケーションおよびサービスを提供しようとしています。さらに、伝統的なセルサイドのベンダーが境界線を越えてバイサイドに参入し、新規プレーヤーの進出も相次いでいます。この市場のプレーヤーは多すぎてはいないでしょうか?ベンダーは、バイサイドの顧客にこれまで以上の費用対効果を提供できるでしょうか?バイサイドのニーズは多様化し、急速に進化していますが、ベンダーの数は多すぎてはいないでしょうか?

「世界には投資可能な資産が約100兆ドルあり、人口動態の移行と年金積立金の継続的な変化を背景にその総額は常に拡大・変動しています。これらの資産は運用管理が必要であり、そのためのシステムやサービスも求められます。ベンダーの間では、この市場をめぐる参入競争が間違いなく起きるでしょう」とセレント保険プラクティスのシニアアナリストでレポートを執筆したジェイ・ウォルステンホルムは述べています。

レポートではポーターの提唱する5つの競争要因に基づき、資産運用分野におけるテクノロジーベンダーの競争レベルを分析しています。



Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート