銀行は顧客をどの程度理解しているか?:セレント支店変革調査シリーズ パート8

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/08/06
ボブ・メーラ

Key research questions

  • 顧客の銀行とのやりとりの好みについての銀行の見解は、銀行によって異なるか?
  • 顧客の見解と、銀行の顧客見解に対する理解は、どの程度一致しているか?
  • 他の金融機関と比較して顧客が銀行をどのように認識しているか、銀行は知っているか?

Abstract

2018年に入ってセレントは、米国で銀行口座を持つ成人の二つの調査を実施して、顧客がいつどのように金融機関と対面のやりとりを好むか調査した。本レポートでは、その調査結果をセレント支店変革パネルへの同様の質問の回答と比較し、銀行が顧客をどの程度理解しているか調査している。この調査は、いくつかの重要な領域における顧客の銀行に対する見解を、銀行が過大評価していることを示唆している。

本レポートは、セレントが実施する「支店変革調査パネルシリーズ」の第8弾であり、北米で広がる「ブランチ・トランスフォーメーション(支店チャネルの変革)」の目的、優先順位、リスク、課題、成果について詳しく検証している。本調査の回答者は、セレントのクライアントを含む多くの銀行の中から選出された。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート
拠点
北米