ベンダー
English

未来のフロントオフィス:音声起動型トレーディング?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/02/24
モニカ・サマヴィル

タレットとトレーディング・アプリケーション間のテクノロジー・サイロが曖昧になるにつれ、新たなトレーディングパラダイムが生まれる可能性がある

Abstract

2021年のキャピタルマーケッツ業界はデジタルトランスフォーメーションに力を入れており、シニアビジネスエグゼクティブとテクノロジーエグゼクティブは全てに疑問を持って取り組む必要がある。私生活や職場で音声起動型デバイスやユニファイドコミュニケーション(UC)が標準的な通信手段となり、更にマルチアセットトレーディングの導入などのトレンドを受けて、トレーディングテクノロジー・アーキテクチャーにおいても再考を余儀なくされている。こうした中、トレーディングフロアでは音声とデータを区別する既成概念を乗り越えなければならないとセレントは考えている。

音声を使った環境制御 (例えば、SiriやAlexa) は、自然で非常に効率的なアクション起動方法である。同様に、アプリケーションベースの音声によるアクションの起動もフロントオフィスに適している。一方、効率性の向上とデータ駆動型のアナリティクスを求めている金融機関は、マルチアセットトレーディングを導入している。このような変化に対応するためには、トレードライフサイクル全体にわたって、音声システムとデータシステムの真の統合を実現する必要がある。

本Flashレポートでは、音声/電子ワークフローとトレーディングプラットフォームの融合を促進するトレンドを特定し、主要なイネーブリングテクノロジーの考察を行い、提供される競争優位性と効率性について検証する。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米