顧客コミュニケーションへの顧客分析活用のベストプラクティス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/09/06
ケリー・バーンズとアシュレイ・ロングボー

顧客分析活用のベストプラクティス

Key research questions

  • 「ミレニアル世代」の投資家が金融サービス業界に期待することは?
  • ウェルスマネージャーは、顧客とのコミュニケーション/顧客サービスに予測分析をどのように活用しているか?
  • 顧客分析を活用したメッセージ配信のベストプラクティスとは?

Abstract

セレントの2014年のレポート「不快感を与えないように:顧客データ分析によるメッセージ配信における注意点」では、顧客分析の結果に基づいて送られるメッセージに、顧客は肯定的な反応を示さないということが分かった。その後、顧客は非金融業界に透明性およびデータに基づくインサイトを期待するようになり、金融業界へのそうした期待も高まっている。本レポートでは、顧客分析を活用したメッセージ配信の活用事例およびベストプラクティスについて考察している。

金融サービス業界は、以前は顧客分析の活用において他の業界に後れをとっていたが、今ではウェルスマネージャー/アセットマネージャーおよびFintech企業は多くの活用事例で顧客分析を活用している。本レポートでは、二つの顧客分析の活用事例を取り上げているが、それらは特に今日的話題を提供している。すなわち、1) 購入に基づくインパクトスコアの提供と、2) 購入最適化の提案である。

本レポートでは、コミュニケーション(信頼できるメッセージ、最低限の通知、データ共有に関連するリスクの分かりやすい説明)、マーケティング(ロイヤルティ・プログラム)、およびセキュリティ(カスタマー・コントロール・センター)に関するベストプラクティスについて考察している。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米