顧客確認およびマネーロンダリング防止における最重要テクノロジーの動向:デジタルの時代におけるAML業務の変革

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/11/06
アリン・レイ

KYC/ AML業務の効率化、コスト削減、成果の向上を実現している新しいテクノロジーについての詳細なガイド

Abstract

COVID-19は、金融サービスにおける長期的なデジタル化のトレンドを加速させ、取引行動に大規模なシフトをもたらしている。また、金融犯罪者がシステムの脆弱性を利用して詐欺やマネーロンダリングを繰り返す新たな機会を生み出している。多くの金融機関では、AML業務は大規模なバーチャルワークをサポートするように設定されていないため、COVID-19によるリモートワークの必要性により、さらに負担が増えている。

古いテクノロジーによる新たなリスクの管理は、コストがかかり非効率的である。2019年に世界中の金融機関はKYC/ AMLテクノロジーに83億ドル、KYC/ AML業務に234億ドルを費やした。このことは、次世代のテクノロジーを利用することで、その多くは自動化や合理化が可能な手作業への依存度が依然として高いことを示している。

本レポートでは、KYC/ AMLにおける8つの新興テクノロジー・トレンドを詳細に分析しており、AI、データ、クラウド、regtechが金融機関のKYC/ AML業務の効率化、コスト削減、成果の向上にどのように役立つかを示す多くのユースケースも含まれている。

本レポートの需要ポイント

  • 金融犯罪コンプライアンス業務へのCOVID-19の影響の評価
  • AMLにおける現在のテクノロジーと運用体制のギャップの特定
  • AML業務支出への技術的限界の影響および主要地域の支出とAML機能の詳細な分析
  • AMLにおける最重要テクノロジーのトレンドと、それが現在の課題をどのように軽減できるかについての詳細な考察
  • デジタル金融サービスの新時代に備えるための金融機関とソリューションプロバイダーへの提言

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

無料サンプルレポートのダウンロードはこちらから:

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
リスク&コンプライアンス, オぺレーショナルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米