自動車保険の終焉:ありうるシナリオか単なる予言か?【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/01
ドナルド・ライト

Abstract

(英文レポート"The End of Auto Insurance: A Scenario or a Prediction?""の重要部分を抽出し翻訳しました。)

セレントは4年前に「交通事故が(ほぼ)なくなったら自動車保険はどうなるか?」という疑問を投げかけるレポートを発行しました。最新レポートでは、その答えとして「自動車保険の終焉」というシナリオを提示しています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 自動車保険の損害補償額を低減するためのカギとなるテクノロジーは?

2

将来の損害補償額をモデル化する上で有効となるパラメータは?
3

「自動車保険の終焉」はありうるシナリオか、単なる予言か?

今回のレポートではここ4年間の動きを反映し、テレマティクス、先進運転支援(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)システム、自動運転車の3つの重要なテクノロジーについて取り上げています。そして、各テクノロジーの今後15年間の事故発生率と効果を推計し、予想外の結果も得ました。セレントはこれらの変数に基づき、自動車保険の損害補償額と保険料に及ぼす影響を予測しています。

これら3つのテクノロジーを使って、2016~2030年の自動車保険の損害補償額を算出するためのモデルを作成し、同モデルに基づき、次の4つの想定の下で、2015年から2030年までの各年の事故発生率と損害補償額の低減効果を推計しました。

  • テレマティクスのみ
  • 複数の先進運転支援システムのみ(自動車には複数の先進運転支援機能が搭載されている)
  • テレマティクスと複数の先進運転支援システム
  • 自動運転テクノロジー


「モデルで取り上げたパラメータのうちテレマティクスと先進運転支援システムの2つは既に一般的に利用されているのに対し、3つめの自動運転車はまだ研究・開発段階にあります。とはいえ、ほぼ全ての自動車メーカー(およびグーグル)が多額の資金を投入している自動運転車は数年以内に実用化にこぎつける見通しとなっており、同モデルのパラメータに含めるのは当然といえるでしょう」と、セレントの北米損害保険プラクティスのディレクターでレポートを執筆したドナルド・ライトは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
北米