次世代の投資家のために:テクノロジーとプラットフォームをどう活用するか

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/03/28
アシュレイ・ロングボー

Abstract


コアとなる顧客層の変化、テクノロジーの進歩、規制強化、政情および市場の不透明感を背景に、ウェルスマネジメント業界は進化し続けています。ウェルスマネジメントの中核顧客層はベビーブーマー世代(1946~1964年生まれ)からX世代(1965~1981年生まれ)やY世代またはミレニアル世代(1982~2000年生まれ)といった次世代の投資家へと移行しつつあります。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 ミレニアル世代の特徴は?

2

ウェルスマネジャーはミレニアル世代向けサービスを向上させるため、新たなテクノロジーやプラットフォームの導入を含め、どのようなビジネスモデルを採用すべきか?
3

次世代の顧客/ウェルスマネジャー/プラットフォーム/ウェルスマネジメントベンダーの見通しは?

セレントは「次世代の投資家:ターゲットはミレニアル世代」(2014年7月15日発行)でミレニアル世代の投資/財務管理アプローチとそれがウェルスマネジャーとサービスプロバイダーに及ぼす影響について分析しました。

2014年のレポートでセレントが導き出した結論は、以下のようなものでした。

  • 顧客とのコミュニケーション方法、借入金の返済状況、退職プランなどに応じて顧客をセグメント化し、それぞれに合わせた商品とサービスを提供する。
  • オンラインチャネルとモバイルチャネルの両方で、簡便で低価格で使いやすいプラットフォームを提供する。
  • デジタル戦略の策定と教育用ポータルを通じて、有効な顧客サービスに投資する。

今回の2017年版レポートでは、ミレニアル世代の独特な行動パターンや投資家プロフィールによって、この2年間でウェルスマネジメント業界がどのように再構築されたのかを明らかにします。ウェルスマネジメント業界は、こうした次世代投資家の波を掴むためにどう対応すればよいでしょうか?ミレニアル世代の規模とその特徴を踏まえ、この世代に向けてサービスを向上させるためにどのようなビジネスモデル(新たなテクノロジーやプラットフォームの強化を含む)を採用してきたかを分析し、次世代の顧客層/ウェルスマネジャー/プラットフォーム/ウェルスマネジメントベンダーの展望を示します。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
証券, ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
北米