ベンダー
English

2016年中南米生命保険の消費者向けモバイルアプリケーション

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2016/10/05

Abstract


2014年年頭の調査では、中南米の保険会社のうち12%が顧客向けアプリケーションを開発しているものの、その機能は限定 的でした。そして今回、2016年3月時点で入手可能なアプリケーションと中南米地域の各保険会社のウェブサイトを再調査ました。Apple Store、Google Play、BlackBerry World、Windows App storeで提供しているアプリケーションを検索し、利用可能な機能を分析しました。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 中南米において保険アプリケーションはどの程度普及しているか?

2

消費者向け保険アプリケーションは顧客にどのような機能を提供しているか?
3 モバイルの今後のトレンドは?

中南米の20カ国に拠点を持つ生命保険会172社に関するデータを集め、それらが提供しているアプリの数、現行の機能、サポート対象のプロセスを明らかに しました。そして世界中のモバイルアプリとケーススタディに関する検証をもとに、この分野のアプリが短期的にどのような展開を見せるか、また将来の見通し はどうなるかを予測しています。

「世界的にスマートフォンの利用が拡大するなか、保険会社を含む企業はデジタル戦略の見直しと修正を迫られており、その中でモバイルは重要な要素となって います。さらに、2016年には中南米で消費者向けアプリを提供している生命保険会社は全体の約30%に上り、域内の保険会社の大部分が消費者向けモバイルアプリ関連のプロ ジェクトへの投資を計画していることがわかりました」と保険プラクティスのアナリストでレポートを執筆したルイス・チパナは述べています。