生命保険会社向けワイアレスアプリケーション:ゆっくりと着実な成長へ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2004/09/08

Abstract


生命保険会社ではワイアレスアプリケーションはまだあまり普及していませんが、近い将来アプリケーションの成熟度が高まるにつれて、状況にも変化が現れるでしょう。セレントは、2007年には、ワイアレスアプリケーションの導入プロジェクトを進める生命保険会社が、全体の30%に達すると予測しています。


セレントの最新レポート「生命保険会社向けワイアレスアプリケーション:ゆっくりと着実な成長へ」は、生命保険会社向けアプリケーションの現在から今後数年にわたる採用動向と、この採用が保険会社の最終損益に及ぼす影響について検証しています。

本レポートは、現在入手可能なものから近い将来商品化が予定されている段階のものまで、ワイアレスアプリケーションの様々なプロトコルおよびデバイスの概要を紹介しています。ただし、レポートの主眼は、保険会社の利益向上につながるアプリケーションの実践的な活用に置かれています。

「現在ワイアレスアプリケーションを使って実際の商品展開をしている保険会社は一握りに過ぎません。しかし、ベンダーと保険会社の双方がアプリケーション開発に取り組んでいることから、今後これらを採用する保険会社の数は飛躍的に増えるでしょう」とは、セレント保険グループのシニアアナリストでレポートを執筆したチャド・ハーシュのコメントです。

本レポートは、テクノロジーの「先進性」よりも、実践的なプロジェクトに焦点を当てています。その一例としては、セールス・フォース・オートメーション(SFA)ツールを採用した保険会社の簡単なケーススタディの紹介があります。セレントでは、リアルタイムの電子申請や顧客とのコミュニケーションと共に、SFAの導入が今後数年間のワイアレスアプリケーション採用を促進するドライバーになると見ています。

ハーシュは次のようにも述べています。「生命保険会社が現場に望む申請内容のより正確な把握や解約件数の減少が、ワイアレスアプリケーションの採用を促すでしょう。また、ワイアレスアプリケーションの価格低下が続き、代理店が個人レベルでワイアレスツールを取り入れている状況を見る限り、保険会社にとって採用の障壁は低くなっていると言えます。そして、このことも、ワイヤレスアプリケーションの保険業界への広がりに現実味を与えています。」

本レポートは全19ページ(グラフと表を1つずつ含む)から構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米