シェアプランサービス・プロバイダー:グローバルな展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/11/30
フア・ジャン

Abstract


米国における利益シェアプランサービスの収入は、2014年は15億米ドル、英国では4億米ドルと推計されますが、2020年にはそれぞれ22億ドルと7億ドルに拡大するでしょう。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 シェアプランの市場規模は?どの国の市場が最大か?

2

どんなタイプのシェアプランプロバイダーがあるか?
3 市場参入戦略は?

シェアプランサービスのエコシステムを形成するのはプランアドミニストレータ、税務会計、コンサルタント、証券会社/証券代行、法律事務所などです。大手上場企業が主に利用するシェアプランとして、株式オプションや制限付き株式が挙げられます。主要企業の66%は、シェアプランを策定するにあたりプランアドミニストレータのサポートを受けています。外部のアドミニストレータを採用する企業の割合は徐々に増えており、シェアプランサービスを提供するベンダーにはプランアドミニストレータ、ソフトウェア/アウトソーシングベンダー、コンサルタント、保険会社などが含まれます。

本レポートはこの市場の現状とトレンドを明らかにし、ベンダーを紹介します。

「ベンダーがシェアプラン市場に参入するためには、自らの差別化要因を明らかにするとともに、グローバルにサービスを提供できる能力をアピールし、コンサルティングチームを設置して計画を立てるべきでしょう。市場には多くのシェアプランサービスプロバイダーが参入しており、各ベンダーがソフトウェア、コンサルティング、アドミニストレーションなど独自の強みを持っています」とセレントのアジア金融サービスグループのアナリストでレポートを執筆した フア・ジャンは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート