ベンダー
English

アジアのOTCデリバティブ新興国

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/09/24
アリン・レイ

China, India, Indonesia, Malaysia, South Korea, Taiwan

Abstract


中国、インド、インドネシア、マレーシア、韓国、台湾-におけるOTCデリバティブ市場は規模が小さく、地域に限定されています。これら6ヵ国で2012年のアジアにおける国内総生産(GDP)全体の61%、国際貿易の68%、株式取引の57%を占める一方、OTCデリバティブ取引高のシェアは10%を下回っています。

セレントのレポート「アジアのOTCデリバティブ新興国」は、6ヵ国のOTCデリバティブ市場の現状について分析しています。保守的な規制、投資家からの認知度の低さ、金融商品ラインナップ、および国内指向の金融市場など、これらの国では経済と金融取引のつながりが比較的弱いものでした。これは、2008年の金融危機の悪影響を限定的にとどめることに大いに役立ちました。しかし今、状況は緩やかに変化し、多くの国で金融市場自由化への道が開かれつつあります。

これらの国における2012年のOTCデリバティブの売買高は29.1兆米ドルに達しました。売買高に関しては韓国が最も大きく、インド、中国、台湾がこれに続きます。マレーシアとインドネシアのOTCデリバティブの売買高は、アジアの標準からしても非常に低く、外国為替デリバティブが最も取引されており、2012年の総売買高の81%を占めています。 大きく引き離されて金利デリバティブが続き、総売買高におけるシェアは18%です。これらの国の多くでは、他のOTCデリバティブ商品の取引に必要なインフラが許可されていないか、設置されていないため、これらの取引はわずかとなっています。

外資系銀行は、豊富な商品と処理能力、また欧米市場での経験から、国内銀行より優位な状況となっています。



「これら新興国の成長は、先進国、中でも香港とシンガポールのOTC取引の拡大に寄与するでしょう。現在これらの国の企業の多くは、機会に乏しい国内市場でではなく、海外の取引所や海外企業と取引しています」と、セレントの証券・投資グループのアナリストでレポートを執筆したアリン・レイは述べています。

レポートでは、アジアのOTCデリバティブ新興国における最新市場トレンド、6ヵ国各国の課題、アジアのOTCデリバティブ先進国と新興国との違いを分析しています。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア