取引所インフラ:テクノロジーによる新しいビジネス/経営モデルの強化

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/07/26
ジョセフィン・ドゥ・シャズルネとアリン・レイ

マーケットインフラ・プロバイダーの新しいビジネス/経営モデルのテクノロジーによる強化

Key research questions

  • マーケットインフラの変化を促している要因は?
  • マーケットインフラ・プロバイダーはどのようなテクノロジーを利用してビジネス戦略を支援しているか?
  • テクノロジー支出はどのように変化しているか?

Abstract

世界トップ20のマーケットインフラ・プロバイダーのインタビューにより、セレントは彼らのテクノロジーの状況、投資要因、変化への対応方法、およびテクノロジー/イノベーションに関する懸念を引き出すことができた。

キャピタルマーケッツにおけるマーケットインフラ(MI)プロバイダーは、急激な変化の真っただ中にある。規制および市場構造の変化によりMIプロバイダーの状況は劇的に変化しているが、顧客行動、ビジネスモデル、および競争力学を変えるMIプロバイダーの取組みは、テクノロジーの開発/変革によって可能となる。

大多数のMIプロバイダーは、主要テクノロジーの最新化/合理化のプロジェクトを実施することにより、出来高の増加に対応し、最新の規制に対応し、業務を最適化し、一貫した顧客エクスペリエンスを提供している。国際的な基準や慣例への適合が重視されているが、それは発展途上市場のMIプロバイダーにおいて特に顕著である。MIプロバイダーのIT予算のうち、10%から50%がレガシー・テクノロジーの変更/刷新に充てられる一方で、90%から50%はシステムの保守に充てられている。プロバイダーが大手であるほど、保守費用は既に償却されていることが多く、上記の割合は50%/50%に近づく傾向がある。

クラウド、AI、マシンラーニング(ML)、分散台帳テクノロジー(DLT, distributed ledger technology)のような新しいテクノロジーの導入への関心は高いが、それはそうしたテクノロジーが革新的ソリューションや新しいビジネスモデルの開発や、大幅な業務改善に役立つからである。調査したMIプロバイダーの95%で、新しいソリューションは、新しいテクノロジー(オープンアーキテクチャ、クラウド、アプリケーション・プログラミング・インターフェース等)を使って開発しているか、少なくとも将来的にそうした新しいテクノロジーを簡単に組み込むことができるという前提で開発している。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米