保険システムは「自社開発」か「製品購入」か

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2007/08/23
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


システムを「自己開発」か「製品購入」すべきかを議論する際には、各保険会社固有のニーズとITソフトウェアの成熟度を見極めることが重要です。

時代遅れのシステムを抱えている保険会社にとって、新規コアシステムへの投資対効果は既に明白です。しかし、どのアプローチを採るかはまだ明らかではありません。セレントの最新レポート「保険システムは『自社開発』か『製品購入』か」は、自社開発とパッケージソフトウェア購入の両方のメリットとデメリットを考察しています。

「どちらのアプローチにも間違いなく長所と短所があります。どちらを選ぶかを決定する際には、これらを慎重に検討する必要があります」、とシニアアナリストでレポート執筆者の1人キャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

本レポートでは、各アプローチの論理的根拠、メリット、デメリットを検証しています。あらゆるケースに最適な1つの選択肢は存在しませんが、保険会社は短期的および長期的なニーズとコスト、プロジェクトのリスク、組織の能力などを十分に検討した上で「自社開発」か「製品の購入」かを決定すべきでしょう。

本レポートは2図を含む15ページから構成されております。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米