統合されたストレス環境エコシステムへの移行

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/01

REPORT PREVIOUSLY PUBLISHED BY OLIVER WYMAN

Abstract


金融機関の間では、再生・破たん処理計画(RRP)や自己資本および流動性のストレステストをめぐるシナリオのモデル化に向けて世界規模の統合的アプローチをとることで、審査書提出の改善やシナジー効果に結びつける動きが広がっています。これらのテストは本来違いがあるため、統合できる範囲は限られるものの、規制要件の細分化が進んでいる上、本拠地を管轄する当局が子会社へのテストを求めるようになり、シナリオのモデル化に向けた世界規模の戦略的ソリューションが必要であることは明確になりつつあります。

本レポートでは、ストレステストに対する統合アプローチの「Target State Vision」を提示し、金融機関がそうした効率性を実現するための実践的なロードマップを提示します。

本レポートは以下のメンバーが執筆しました。

James Warrick Alexander, Principal in the Americas Finance & Risk and Public Policy Practices

Deepak Kollali, Partner in the Americas Finance & Risk and Public Policy Practices

Eric Czervionke, Partner in the Corporate & Institutional Banking Practice

Paul Cantwell, Partner in the Americas Finance & Risk and Public Policy Practices

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米