ベンダー
English

2013年 コーポレートバンキングのトップトレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/01/23

Abstract


2013年は規制強化の動きと景気の低迷が予想されるなか、銀行は将来性の高い事業分野を絞り込み、それに合わせて商品やサービスを展開するとみられます。

最新レポート「2013年 コーポレートバンキングのトップトレンド」は、セレントアナリストが収集した情報に基づいてアジア、欧州および北米における法人向けバンキングのトレンドを明らかにしています。その結果、世界共通の優先課題として、規制準拠、商品の進化、スムーズな顧客サービスの3つが浮き彫りとなりました。
景気および規制環境が銀行の財務内容を逼迫させ、業績が低迷する状況が続いています。法令遵守のためのコストが膨らむなか、銀行は中核事業のうち「将来性の高い」分野を改めて見直す必要に迫られるとみられます。過去に起きた、あるいは今後数年間に起きる環境の変化によって自行の戦略的なロードマップが頓挫しないためにも、銀行は顧客企業や提携相手とより緊密に連携することが求められるでしょう。そのためには、どの事業をサポート、アウトソースまたは売却するかの難しい判断を迫られるとみられます。

「グローバル化、テクノロジーの進化、規制改正などを背景に、金融セクターでは抜本的な変化が進行しつつあります。銀行は、コンプライアンス関連投資を利益創出のチャンスに転換させるべく攻めのアプローチをとる必要があるでしょう」と、セレント銀行グループのシニアアナリストでレポートを執筆したロバート・マンチーニは述べています。

本レポートは、コーポレートバンキングに関する2013年の主要トレンドの概要を示しています。また、今後数年間のバンキングサービスの変革につながる進行中の重要プロジェクトを紹介しています。

本レポートは42p、15図と6表で構成されています。