ベンダー
English

アジアと日本の資本市場におけるマーケットデータ パート2:成長市場を獲得するためのシナリオとイノベーション機会【日本語】

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2015/06/30

Abstract

このレポートには英文版 "Market Data in Asia-Pacific and Japan, Part 2: Innovation Opportunities and Scenarios to Succeed in Growth Markets" (2015年6月30日発行)もあります。

アジアと日本の資本市場の市場動向と、イノベーション機会がどこにあるかをマーケットデータの活用に焦点を置き分析します。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 イノベーションの契機は何か?

2

イノベーションの機会はどこにあるか?
3

イノベーションをどのようにして引き起こすか?


本Part 2では、Part 1で分析した市場の動向、テクノロジーの需要動向を踏まえ、日系企業に期待される新たなイノベーション機会を探索します。

加 えて、こうしたアジアと日本のキャピタルマーケットにおいて、その成長市場を獲得するためのシナリオ「トレーディングライフサイクルの最適化(Trade Life Cycle Optimization: TLO)」について、そのコンセプトやテクノロジーについて解説しています。



「成 長を続ける一方で、成熟期にあるアジアと日本のトップティアプレーヤーにとって、成長戦略実現へのカギとなるのが、トレーディングライフサイクルの最適化 と考えます。また、新たな収益機会、トレーディング機会をもたらす、ニュースデータやSNSデータのネガ・ポジ分析と、市場データや企業業績データを組み 合わせたビックデータ分析に強いニーズを見出します」と、アジア金融サービスグループのシニア・アナリストでレポートを執筆した柳川英一郎は述べています。

レポートでは更に、成熟市場におけるイノベーション機会の成否を握る、グローバル展開の基本戦略についても言及しています。

本レポートは、20p、6図、7表で構成されています。