大規模な金融犯罪との戦い

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/10/15
ジョアン・マッゴーワン

組織的でインテリジェントなリアルタイムの対応による戦い

Key research questions

  • 工業化された金融犯罪の増加の原因は?
  • 銀行が金融犯罪のリスク軽減に失敗した理由は?
  • 銀行は金融犯罪の攻撃から自らを守るためにどのような段階を踏むべきか?

Abstract

銀行は、資金を仲介するという重要な役割のために、依然として攻撃的犯罪者の主要ターゲットであり続けている。益々複雑化・デジタル化する金融業界、変化するエコシステム、およびオープンバンキング導入の組み合わせは、銀行をより魅力的な犯罪のターゲットとしている。特に、銀行は益々工業化される大規模金融犯罪、すなわち従来のサイロ化したシステム、同業者グループ、および顧客の枠を超えた影響を及ぼす攻撃に晒されるだろう。

本レポートでは、前代未聞のレベルの混乱を伴う犯罪に対処する必要性について調査している。又、銀行組織内外の何十万という様々な変数をリアルタイムでモニターする戦略、および事前に定義された基準値によって制限されない早期警報システムを推奨している。更に銀行は、脅威への最上の対処方法に関して幹部の決定をもたらし、方向付け、又は攻撃を検出するサポートシステムも必要とするだろう。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米