保険会社による「セマンティックWeb」の活用方法

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/08/03
クレイグ・ビーティ

Abstract

(このレポートは2010年8月3日に英文で"The Emerging Semantic Web: Ideas for Insurers"というタイトルで英文で発表しましたが、日本語版を2010年11月5日に発行しました。)

Webはとてつもない勢いで進化しており、進化を遂げるたびに保険会社に新たな可能性をもたらしてきました。 セマンティックwebについても同じことがいえます。セマンティックwebと関連テクノロジーは、保険会社にコスト削減のための新たなツールを提供するだけでなく、顧客に真の付加価値をもたらすでしょう。(訳注:セマンティックWeb;情報リソースに意味(セマンティック)を付与することで、人を介さずに、コンピュータが自律的に処理できるようにするための技術)

保険会社が一段と複雑化するシステム統合の問題に直面し、社内外のデータ活用を目指すなかで、セマンティックwebは極めて重要な役割を果たすようになるでしょう。セレントの最新レポート「保険会社による新テクノロジー『セマンティックWeb』の活用方法」はセマンティックwebの概要を紹介するとともに、保険会社がこのテクノロジーのどこに価値を見出せるかについて考察しています。また、「リンクトデータ」に関するテクノロジーについて取り上げ、保険会社が実際に抱える問題にこれを適用しています。



出典:セレント

「セマンティックwebは、単なる学問的な理念ではありません。リンクトデータを利用すれば、実際に導入可能で、保険会社にとって実践的なアプリケーションになります」と、セレント保険グループのアナリストでレポートを執筆したクレイグ・ビーティー は述べています。

本レポートはセマンティックwebの概要とビジネスにおける活用状況を明らかにし、現在のトレンドと実装方法について解説しています。また、保険会社とベンダーがこれらのテクノロジーを導入する際のガイダンスを示しています。さらに、保険会社とその顧客が利用可能なセマンティックwebの導入によって生まれるビジネス機会と導入の阻害要因についても論じています。

このレポートは30図と3表を含む44ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米