ベンダー
English

銀行業務へのクラウド導入の適切なモデルを見つける

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/10/05
スティーヴン・グリーアクレイグ・フォカルディ

Abstract

金融機関がイノベーションに関心を向け、デジタル・エンゲージメントの標準を確立している新規市場参入者に遅れずについていこうとする中、パブリック・クラウドはリテール・バンキングに着実に大きな影響を与えている。長年、リスク回避のために移行のペースが遅くなっていたが、市場の牽引役がクラウドコンピューティングを好む傾向が強まっていることから、ビジネスケースが明確になってきている。上述のいずれのクラウド展開アプローチを採用するにしても、今日クラウドの採用においては、継続的に進化するテクノロジーの機能を確認し、クラウドコンピューティングの進化に合わせて迅速に適応することが必要になる。

クラウドへの移行は、世界中の最も近代的なデジタル金融機関に共通のテーマである。クラウドへの投資が行われており、最先端の金融機関はクラウドの成熟に向けて順調に進んでいる。最終的には、シームレスに稼働するオンプレミス、パブリック、ハイブリッドの組み合わせによるマルチクラウド環境に移行することになるだろう。それぞれのアプローチは銀行の戦略に依存するが、金融機関はパブリック・クラウドのフットプリントと移行戦略の拡大に向けて今すぐ行動を起こすべきである。

この調査レポートは、デジタルビジネスの経営者とIT部門を対象にしており、クラウド導入のペース、クラウド導入の種類、クラウドサービスの特徴、外部テクノロジーのトレンドと金融機関の戦略、クラウドのユースケース、クラウド移行戦略などについて、セレントの調査結果を紹介している。

本レポートにおける重要ポイントの一部(詳細はレポートを参照のこと)

  • ソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)を介した顧客エンゲージメントなど、多くの銀行業務ソフトウェアでクラウドコンピューティングが主流となっている。更に、コア・バンキング・システム(CBS) などの新しい商品分野でも新しいSaaSが利用できるようになり、採用が拡大している。
  • プラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS) や、インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス(IaaS) を利用したクラウド展開は小規模だが、新しいサービスが市場に参入するにつれ成長しており、ハードウェアやソフトウェアの開発・保守をアウトソーシングした場合のROIは成長を続けている。

パブリック・クラウドへの移行において銀行が取ることができる道筋は数多くあるが、ほとんどの金融機関がクラウド移行を最優先に考えているということは明白である。セレントは、銀行がさまざまなクラウド・モデルを採用するケースは今後増えると予想しており、我々の目的は、各モデルをよりよく理解して最適な判断ができるようにサポートすることである。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米