ベンダー
English

バンキングにおけるデジタルの成熟度:TIER 1 銀行との対話

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/07/29
スティーヴン・グリーアボブ・メーラ

Abstract

デジタルトランスフォーメーション (DX) は、多数のプロジェクトを生み出す可能性がある手段を備えた複数の戦略的必須事項を含めることができる複雑な取り組みである。例えば、多くの銀行は商品中心から顧客中心への転換を目指している。また、効率性の向上やイノベーションを加速させる能力を求めている銀行もある。さらに、将来の価値創造に向けて新たなビジネスモデルを構築したいという野心もある。これらを含む戦略には、相互に依存する複数の機能を組み合わせる必要がある。こうした機能の集合体を追求し、継続的に改善することがDXの本質である。

多くの金融機関にとって、市場の変化のスピードは脅威と見られており、「持てる者」(Tier 1メガバンク) と「持たざる者」(成長に必要な資金が限られている中小の金融機関) との格差が拡大している。さらに、金融テクノロジー (フィンテック) の出現で競争圧力が強まり、「優れたサービスとはどのようなものなのか」を追求する動きが広がり、消費者の需要に影響を及ぼしている。

これを受け、セレントは厳選した銀行の5人の財務担当役員にインタビューを行い、各行のデジタルジャーニー、課題、ロードマップについて話を聞いた。更に、DXの前提条件と考えられており、より大規模なデジタル成熟度フレームワークに組み込まれている5つの技術的特性 (すなわち、テクノロジーの最新化、データおよびアナリティクス、技術革新、アジャイルな組織、エコシステムの構成) の分析に取り組んだ。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート
拠点
北米