ベンダー
English

欧州における保険契約管理システムの価格設定

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2008/12/31

Abstract


保険会社が様々なベンダーが提供する保険契約管理システムの機能やテクノロジーを比較しようとする場合、ベンダー自身やその仲介者を通じて概ね必要な情報を得ることができます。しかし、こうしたシステムの価格設定に関しては透明性に欠ける傾向がみられます。


セレントの最新レポート「欧州における保険契約管理システムの価格設定」は、保険契約管理システムのリプレース交渉においてITベンダーと保険会社が解決すべき重要ポイントとして①ライセンス供与②保守管理③実装およびカスタマイズ化④総所有コスト―の4つを挙げています。

「ベンダーがオフショア機能を備えている場合でも、システム実装に係る人件費が市場平均に比べて必ずしも割安になるとは限りません」と指摘するのはセレント保険プラクティスのシニアアナリストでレポートの共同執筆者であるキャサリン・スタッグ・マーシー です。



「保険契約管理システムの価格を設定するにあたって、あらゆるケースに適応する万能の戦略はありません。ライセンス供与とプロジェクトの価格設定をめぐる交渉を行う際に、大部分のベンダーとその潜在顧客が重視しているのは『柔軟性』です」とセレント保険プラクティスのシニアアナリストでレポートの共同執筆者のニコラス・ミシェロッドは述べています。

本レポートはITベンダーにとって望ましいライセンス供与の価格設定モデル、欧州における標準的な年間保守管理費用、実装コストのレンジといった情報を提供するほか、一部のITベンダーが提供するオフショア機能の内容や導入初年度とその後の総所有コストに関する具体例なども紹介しています。また、保険会社を取り巻く価格設定の課題を取り上げ、市場に投入されている保険契約管理システムのカテゴリーと認知されている機能ごとにそれらの検証結果をまとめています。最後に、西欧・東欧市場における価格設定のトレンドを予測しています。

本レポートは12図と4表を含む24ページで構成されています。