ベンダー
English

2009〜2010年インド保険市場のテクノロジートレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/10/06

Abstract


競争が激しく、活性化したインド保険業界では、テクノロジーの焦点はそれがいかにビジネス価値もたらすか、に置かれています。堅調な支出傾向が続くなか、保険に当てられる予算は平均4〜5%増えており、将来の展望は短期的にも長期的にも良好です。

セレントの最新レポート「2009〜2010年インド保険市場のテクノロジートレンド」では、2009〜2010年のインド保険市場におけるテクノロジーの主な促進要因とトレンドを取り上げました。主要商品の市場環境が悪化し、競争が激化していることから、保険会社は事業戦略やテクノロジー戦略の見直しと再編を迫られています。こうした見直しの結果は、インド保険業界におけるテクノロジーの導入に、機能やコスト、時間の面で後々まで影響を及ぼすでしょう。

インド保険会社の経営幹部はテクノロジーを、ビジネス価値を生み出し実現するための重要な要因とみなしています。同様にCIOやテクノロジー部門の幹部も、事業収益を最大限に高めるプロジェクトにリソースを集中させています。2009〜2010年、保険会社テクノロジー部門の幹部にとっての緊急課題は、事業の成長、コスト削減、顧客関連業務の効率化の3つと考えられます。


出典:セレント

「テクノロジーは、優先順位が再考されつつあるものの、今後も事業の成長を牽引し続けるでしょう。保険会社は激しい競争市場で勝ち残るための鍵として、テクノロジーに注目しています」とセレント保険グループのシニアアナリストで本レポートを執筆したラビ・ナワルは述べています。

本レポートでは以下についての見解を述べています。

  • 経営幹部は2009年をどう捉えているか
  • テクノロジーの保守・新規導入に関する経営幹部の計画
  • 上の計画を促す主な要因
  • 上の計画の実現に向けた人員やインフラストラクチャーの支援、ベンダーの選択、アウトソース戦略

さらに、各社のプレッシャー、プライオリティ、プラクティスを詳しく分析し、2009〜2010年インド保険業界におけるテクノロジー・ロードマップ全体を明らかにしています。

本レポートは1図および13表を含む26ページで構成されています。