ベンダー
English

欧州のウェルスマネジメント・テクノロジーベンダー:フロントオフィス向けプラットフォーム

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/23
アシュレイ・ロングボー

Abstract

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 欧州のウェルスマネジメント市場をリードするフロントオフィス向けプラットフォームのベンダーは?

2

主要分野の有力ベンダーを比較すると?
3

フロントオフィス向けプラットフォーム市場の展望は?

顧客ニーズの変化、規制当局による監視強化、テクノロジーの進化、利益率の縮小などを背景に、欧州のウェルスマネジャーを取り巻く環境は引き続き困難で動きの激しいものとなっています。フロントオフィス向けプラットフォームベンダーが細分化と競争の激化が進むこの分野で他をリードするためには、先進的なテクノロジーやソリューションへの継続的な投資が欠かせません。

本レポートは、フロントオフィス向けプラットフォームを手掛ける欧州の有力ベンダーに関するレポートシリーズ(全3編)の第1弾で、以下のベンダーを取り上げています。

  • Atos
  • Charles River Development
  • Finantix
  • Intellect Design
  • Openfinance
  • Prometeia
  • TechRules
  • Temenos


「アドバイザーと顧客が共同作業を行う領域、オンボーディング・ポレーティング手続きの自動化、フィナンシャル・プランニングの内容など基本性能に加え、フレキシブルで拡張性が高く、カスタマイズできる製品であることが、ベンダーが差別化を図る上でのカギとなっています」とセレントのウェルスマネジメントプラクティスのアナリストでレポートを執筆したアシュレイ・グローバーマンは述べています。

フロントオフィス向けプラットフォームのベンダーは、資産の取得から継続的な管理・保持に至る一連のプロセスを1つのワークフロー内でサポートしています。その中には顧客との関係の管理、フィナンシャル・プランニング、ポートフォリオ管理、ポートフォリオの監視などが含まれます。また、報告プロセスはフロントオフィスからバック/ミドルオフィスまでを一貫するものです。

本レポートではセレント独自の「ABCDベンダービュー」を使ってベンダーを評価しています。これは、 ①テクノロジーの先進性②機能の幅③顧客基盤(顧客数)④顧客サービスの拡充度―の4つのカテゴリー別に各ベンダーの相対的なポジションをXY座標上に一目でわかるように示すものです。

注:Intellect DesignとTemenosは比較表には掲載されていますが、ABCDベンダービューによる分析対象には含まれていません。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ